骨粗鬆症の治療と予防を目的に広く処方されているビスホスホネート製剤の使用は、消化器癌リスクの上昇・低下のいずれにも有意な影響を及ぼさないことが、英Nottingham大学のYana Vinogradova氏らが行った住民ベースのケースコントロール研究で明らかになった。論文は、2013年1月16日付のBMJ誌電子版に掲載された。

ログインして全文を読む