気温が20℃を超えると、1℃上がるごとに1〜6時間後の心筋梗塞リスクが1.9%上昇することが、英London大学衛生熱帯医学大学院のKrishnan Bhaskaran氏らの研究で示された。論文は、BMJ誌電子版に2012年12月13日に掲載された。

ログインして全文を読む