健常人でリウマトイド因子(RF)が高値を示す人は、低値を示す人に比べて、その後の関節リウマチ(RA)罹患リスクが高いことが、デンマークCopenhagen大学病院のSune F Nielsen氏らの前向きコホート研究で明らかになった。最もハイリスクだったのは、RFが100 IU/mL超で50〜69歳の喫煙女性で、10年絶対リスクは32%だった。論文は、BMJ誌電子版に2012年9月6日に掲載された。

ログインして全文を読む