交代制勤務に就いている人々は、交代制で働いていない人々と比べて心筋梗塞リスクが1.23倍、冠動脈イベントリスクが1.24倍、虚血性脳卒中リスクが1.05倍に上昇していることが、カナダWestern大学のManav V Vyas氏らが行ったメタ分析で明らかになった。論文は、BMJ誌電子版に2012年7月26日に掲載された。

ログインして全文を読む