ACE阻害薬、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)と肺炎の関係を明らかにするために行われた系統的レビューとメタ分析で、ACE阻害薬は偽薬やARBに比べ、肺炎リスクを有意に低下させ、肺炎関連死亡も減らす可能性があることが明らかになった。英London衛生熱帯大学院のDaniel Caldeira氏らが、BMJ誌電子版に2012年7月10日に報告した。

ログインして全文を読む