ダイエット法の1つである「低炭水化物食」と「高たんぱく質食」を単独あるいは併用で取り入れている人々では、約16年間の心血管疾患罹患率が有意に高くなることが、ギリシャAthens大学のPagona Lagiou氏らが行った前向きコホート研究で明らかになった。論文は、BMJ誌電子版に2012年6月26日に掲載された。

ログインして全文を読む