踵痛の原因として最も一般的な足底筋膜炎に対する、超音波ガイド下ステロイド単回注射の有効性を調べた無作為化試験で、ステロイド注射群は、偽薬に比べて4週時の疼痛レベルが有意に低く、足底筋膜厚も12週後まで有意に薄いという結果が得られた。詳細は、オーストラリアLa Trobe大学のAndrew M McMillan氏らが、BMJ誌電子版に2012年5月22日に報告した。

ログインして全文を読む