坐骨神経痛患者に対する薬物療法の有効性を評価した初めての系統的レビューの結果が、BMJ誌電子版に2012年2月13日に掲載された。著者であるオーストラリアSydney大学のRafael Zambelli Pinto氏らによると、対象となった研究の質は全体的に低く、現時点では偽薬との比較で明確な効果が示された薬物療法はないことが明らかになった。

ログインして全文を読む