プロトンポンプ阻害薬(PPI)を日常的に2年以上使用している閉経女性は、そうでない閉経女性に比べて股関節骨折のリスクが35%高いこと、喫煙女性の場合のリスク上昇は50%を超えることが、米国で行われた前向きコホート研究で明らかになった。米Massachusetts総合病院のHamed Khalili氏らが、BMJ誌電子版に2012年1月31日に報告した。

ログインして全文を読む