直接的レニン阻害薬のアリスキレンと、ACE阻害薬またはアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)を併用すると、それぞれを単剤で用いた場合に比べて高カリウム血症のリスクが1.5倍超になることが、無作為化試験のメタ分析で明らかになった。カナダToronto大学のZiv Harel氏らが、BMJ誌電子版に2012年1月9日に報告した。

ログインして全文を読む