人工股関節置換術に用いられるインプラントについて、素材の違いによる安全性と有効性を比較したメタ分析により、従来型の製品とより新しい製品で、転帰の差はほとんどないことが明らかになった。米Weill Cornell Medical CollegeのArt Sedrakyan氏らが、BMJ誌2011年12月10日号に報告した。

ログインして全文を読む