混合型経口避妊薬の静脈血栓塞栓症(VTE)のリスクは、プロゲストーゲンの種類やエストロゲンの用量によって変わるのだろうか。この疑問を検証するため、大規模コホート研究を行ったデンマークCopenhagen大学のOjvind Lidegaard氏らは、第2世代のレボノルゲストレルを使用している女性に比べ、第3世代と第4世代の経口避妊薬を使用している女性は、VTEリスクが2倍以上であることを明らかにした。論文は、BMJ誌電子版に2011年10月25日に掲載された。

ログインして全文を読む