スピロノラクトンを継続使用している高齢者にトリメトプリム・スルファメトキサゾール合剤(ST合剤)を処方すると、アモキシシリンを用いた場合に比べ、高カリウム血症による入院が12.4倍になることが明らかになった。カナダToronto大学のTony Antoniou氏らが行った集団ベースのネステッドケースコントロール研究の結果で、論文は、BMJ誌2011年9月17日号に掲載された。

ログインして全文を読む