一般の成人集団を約30年追跡したコホート研究で、1年間に成人の半数弱がなんらかの頭痛を経験していること、ただし、前兆のある片頭痛でも、10年以上続く患者は1.3%であることが明らかになった。米国立衛生研究所(NIH)のKathleen R Merikangas氏らが、BMJ誌2011年9月10日号に報告した。

ログインして全文を読む