一般開業医がパソコンで簡単に使用できる、静脈血栓塞栓症(VTE)のリスク予測アルゴリズムを、英Nottingham大学のJulia Hippisley-Cox氏らが作成し、その精度をBMJ誌2011年8月20日号に報告した。このアルゴリズム「QThrombosis」は、http://www.qthrombosis.org/で利用可能だ。

ログインして全文を読む