アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)は心筋梗塞のリスクを上昇させるのか。米New York大学のSripal Bangalore氏らは、かねて議論のあるこの疑問について、通常のメタ分析と、メタ分析より精度が高いと言われるTrial Sequential Analysis(TSA、逐次分析)を行い、対照群と比較した有意なリスク上昇はないことを明らかにした。分析結果は、BMJ誌2011年5月7日号に掲載された。

ログインして全文を読む