前立腺癌スクリーニングが前立腺癌死亡を減らせるかどうかについては、いまだ明確な結論は得られていない。スウェーデンKarolinska研究所のGabriel Sandblom氏らは、スウェーデンの一都市に住む男性全員を対象に集団ベースの無作為化比較試験を行い、スクリーニング実施群と非実施群を20年追跡して前立腺癌死亡率を比較した。得られた結果は、前立腺癌スクリーニングの広範な適用を支持しないものだった。論文は、BMJ誌2011年4月23日号に掲載された。

ログインして全文を読む