近年、スタチンが心房細動リスクを低減するとの報告が複数あり、短期間の研究を対象としたメタ分析ではこれを支持する結果が得られている。だが、英Oxford大学のKazem Rahimi氏らが、より大規模で長期的な無作為化試験を対象にメタ分析を行った結果、スタチンによる心房細動リスクの低減は見られないことが明らかになった。論文は、BMJ誌2011年3月26日号に掲載された。

ログインして全文を読む