大麻の使用が、統合失調症などの前段階である精神病性症状の発現リスクを高める可能性があることが、ドイツで行われた集団ベースの前向き研究で明らかになった。オランダMaastricht大学のRebecca Kuepper氏らが、BMJ誌2011年3月5日号に報告した。

ログインして全文を読む