近年、新生児や乳児に対するCTスキャンなどの放射線検査の適用が増えており、曝露の害に対する懸念が高まっている。米国立癌研究所(NCI)のPreetha Rajaraman氏らは、胎内および生後0〜100日の放射線曝露または超音波曝露と小児癌の関係を調べるケースコントロール研究を行った。この結果、胎内および生後100日までの放射線曝露は小児癌リスクを高める傾向があり、リンパ腫リスクは有意に上昇する可能性を示した。論文は、BMJ誌2011年2月19日号に掲載された。

ログインして全文を読む