アスピリン以外の非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を常用している人々はパーキンソン病リスクが低い―。そんなメタ分析の結果(1)が2010年3月に報告され、わが国でも注目を集めた。しかし、米Veterans Affairs Boston Healthcare SystemのJane A Driver氏らが、米国の男性医師を対象とするネステッドケースコントロール研究を行ったところ、これらのNSAIDsを常用してもパーキンソン病の発症や進行に有意な影響は及ぼさないことが明らかになった。論文は、BMJ誌2011年1月29日号に掲載された。

ログインして全文を読む