妊娠初期の抗てんかん薬カルバマゼピンへの曝露は二分脊椎リスクを高めること、リスク上昇はバルプロエート(バルプロ酸)曝露に比べれば5分の1程度であることが、オランダGroningen大学のJanneke Jentink氏らが行った欧州の先天異常登録のデータ分析で明らかになった。論文は、BMJ誌2010年12月11日号に掲載された。

ログインして全文を読む