推定糸球体濾過量(eGFR)が60mL/分/1.73m2未満の患者は、その後の脳卒中リスクが43%高いことがメタ分析で明らかになった。米California大学Los Angeles校のMeng Lee氏らが、BMJ誌2010年10月9日号に報告した。

ログインして全文を読む