片頭痛を繰り返す患者を対象とする無作為化試験で、最適化された急性期治療にβ遮断薬の予防的投与と片頭痛管理のための行動療法を追加すると、片頭痛発作の発生を減らせることが明らかになった。米Ohio大学のKenneth A Holroyd氏らが、BMJ誌2010年10月9日号に報告した。

ログインして全文を読む