気温の変化は、心筋梗塞のリスクに影響を与えるのだろうか。心筋梗塞による入院の関係を調べた英London大学公衆衛生学・熱帯医学大学院のKrishnan Bhaskaran氏らは、気温の低下が心筋梗塞リスクを上昇させること、一方で気温上昇と心筋梗塞の間には有意な関係はないことを明らかにした。論文は、BMJ誌2010年8月12日号に掲載された。

ログインして全文を読む