頭部MRIのT2強調画像において脳白質に見られる高信号域の大きさが、脳卒中、認知症、死亡リスクの予測に役立つことが明らかになった。英St George's 大学のStephanie Debette氏らが、メタ分析の結果をBMJ誌2010年8月7日号に報告した。

ログインして全文を読む