老眼で多焦点の遠近両用眼鏡を使用している高齢者に単焦点の遠見用眼鏡を提供すると、自宅外の転倒が有意に減る。ただし、屋外で活動することが少ない高齢者では逆効果になる可能性がある―。そのような結果が、オーストラリアRoyal North Shore病院のMark J Haran氏らが行った無作為化試験で得られた。論文は、BMJ誌2010年6月19日号に掲載された。

ログインして全文を読む