インスリン治療を受けている2型糖尿病患者にメトホルミンを長期投与すると、ビタミンB12欠乏(150pmol/L未満)、ビタミンB12低値(150〜220pmol/L)と、ホモシステイン濃度の上昇を引き起こすことが、オランダAmsterdam大学病院のJolien de Jager氏らが行った無作為化試験で明らかになった。論文は、BMJ誌2010年5月29日号に掲載された。

ログインして全文を読む