心合併症リスクが中〜高度で、待機的手術を受ける患者に術前の負荷試験を行うと、1年死亡率が低減し、入院期間が短縮する可能性が後ろ向きコホート研究で示唆された。詳細は、カナダ臨床評価学研究所のDuminda N Wijeysundera氏らがBMJ誌2010年1月30日号に報告した。

ログインして全文を読む