うつ病や不安障害がその後の肥満リスクを高めるのか、反対に、肥満者がうつ病や不安障害になりやすいのか―。この問いを検証するため、前向きコホート研究を行った英London大学のMika Kivimaki氏らは、精神疾患があると肥満リスクが高まること、その逆の関係は認められないことを示した。詳細は、BMJ誌電子版に2009年10月6日に報告された。

ログインして全文を読む