BMIや腹囲、ウエスト・ヒップ比などと死亡リスクの関係はよく知られている。デンマークCopenhagen大学病院のBerit L Heitmann氏らは、新たに、大腿囲が中高年男女の死亡と心血管疾患、冠疾患の独立した予測因子であることを示唆する結果を得た。大腿囲60cm前後に閾値が存在し、それより下の値であれば、大腿囲が小さいほど死亡やこれら疾患のリスクは高いという。詳細は、BMJ誌2009年9月26日号に報告された。

ログインして全文を読む