近年登場した、臨床現場で利用可能なPoint of Care(POC)Dダイマー検査は静脈血栓塞栓症(VTE)をどの程度正確に除外できるのだろうか。この疑問を検証するため、オランダUtrecht大学医療センターのG J Geersing氏らが、POC Dダイマー検査の診断精度について報告した研究のメタ分析を行い、特に低リスクの患者でこの検査が有益であることを明らかにした。詳細は、BMJ誌2009年8月22日号に報告された。

ログインして全文を読む