英国のBSE暴露リスクある年代の異常プリオン保有率が、これまでの研究結果に基づく推定よりも少ない可能性が示された。暴露リスクのある1961〜85年生まれの患者から採取された扁桃1万2753標本について異常プリオン蛋白質(PrPCJD)の存在を調べた結果、すべて陰性だったという。英健康保護局感染症センターのJonathan P Clewley氏らの報告で、詳細はBMJ誌電子版に2009年5月21日に掲載された。

ログインして全文を読む