低出力パルス超音波(LIPUS:low intensity pulsed ultrasonography)は、北米では骨折治療に広く適用されている。しかし、機能的な回復などの患者自身にとって重要なアウトカムについて、LIPUSの利益を示したエビデンスの質は低いことが、カナダMcMaster大学のJason W Busse氏らによるメタ分析によって明らかになった。論文は、BMJ誌電子版に2009年2月27日に掲載された。

ログインして全文を読む