先天性心血管奇形は生産児に一定の割合で存在するが、かなりの患者が通常の新生児検査で見逃されている。スウェーデンQueen Silvia Children's HospitalのAnne de-Wahl Granelli氏らは、外見上は健康な新生児に対し、退院前に行われる通常の検診に加えて、パルスオキシメーターを用いたスクリーニングを実施すると、動脈管依存性循環の診断精度が向上することを明らかにした。詳細は、BMJ誌2009年1月17日号に報告された。

ログインして全文を読む