ヘビメタファンはヘッドバンギング(ビートに合わせて頭を激しく振る行為)による頭頸部傷害リスクを認識する必要がある。オーストラリアNew South Wales大学School of Risk and Safety SciencesのDeclan Patton氏らは、ヘッドバンギングのリスクを評価する観察研究と生体力学的分析を行い、リスクを回避するための対策として、(1)保護用装具を装着して首振り角度を制限する、(2)首振りテンポを遅くする、(3)コンサート前に教育プログラムを実施する――などの方法を提案した。詳細は、毎年ユーモラスな報告を集めて掲載することで知られるBMJ誌のクリスマス号(2008年12月20日号)に報告された。

ログインして全文を読む