BCGの接種に当たり、日本では1966年から採用されている管針法による経皮接種を行っても、WHOが推奨している皮内接種と比べて有効性、安全性が同等であることが、南アフリカCape Town大学のAnthony Hawkridge氏らが行った無作為化試験により明らかになった。論文は、BMJ誌電子版に2008年11月13日に掲載された。

ログインして全文を読む