虐待が疑われる小児の骨折のうち、実際に虐待が原因であるケースはさほど多くはないだろう。だが、虐待を見逃すと被害者はさらに傷を負うことになり、最悪の場合には死亡する危険性もある。英Cardiff 大学のAlison M Kemp氏らは、これまでに行われた後ろ向き横断研究を対象にメタ分析を行い、虐待に起因する骨折に高頻度に見られるいくつかの特徴を同定した。詳細はBMJ誌電子版に2008年10月2日に報告された。

ログインして全文を読む