喘息症状と室内環境の関係を示すエビデンスが、近年蓄積されている。ニュージーランドOtago大学のPhilippa Howden-Chapman氏らは、機密性の高い家屋で使用する暖房器具を、クリーンで効率の良いものに換えると、患児の喘息症状が軽減し、生活の質の向上が期待できることを示した。詳細は、BMJ誌電子版に2008年9月23日に報告された。

ログインして全文を読む