ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの定期予防接種の疫学的・経済的な影響を分析したところ、12歳女子生徒へのHPVワクチン定期予防接種と18歳までのキャッチアップキャンペーンは費用対効果が高いことが示された。英健康保護局のMark Jit氏らの報告で、詳細はBMJ誌電子版に2008年7月17日に掲載された。

ログインして全文を読む