感情が冠疾患リスクに影響を及ぼすかどうかを調べる前向き研究の結果、ネガティブな感情は冠イベントの独立した予測因子であることが明らかになった。フランスINSERMのHermann Nabi氏らの報告で、詳細はBMJ誌電子版に2008年6月20日に掲載された。

ログインして全文を読む