ステロイドが成人重症患者の急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の予防・治療に有効かどうかを評価したメタ分析の結果、ステロイド投与の明確な利益は示されなかった。インド・クリスチャン医科大学・病院のJohn Victor Peter氏らの報告で、詳細はBMJ誌電子版に2008年4月23日に掲載された。

ログインして全文を読む