2002年に一定条件下での安楽死を認める安楽死法が施行されたオランダで、安楽死および持続的な深い鎮静(セデーション、苦痛を緩和する目的で患者の意識レベルを低下させる)処置の実施状況が2001年と2005年でどう変化したかを調べた結果、鎮静処置の適用が増加しており、特に一般開業医が行うケースが増えていたことが明らかになった。安楽死は2.6%から1.7%に減少していた。オランダ公衆衛生局のJudith Rietjens氏らの報告で、詳細はBMJ誌電子版2008年3月14日に掲載された。

ログインして全文を読む