人畜共通感染症であるブルセラ症の治療は、ドキシサイクリンとリファンピシンとゲンタマイシンの3剤を長期間併用する方法が最善であることがメタ分析示された。イスラエルBeilinson病院のKeren Skalsky氏らの報告で、詳細はBMJ誌電子版に2008年3月5日に報告された。

ログインして全文を読む