現在の世界的な結核管理戦略の中心は、確実な服薬を実現するという直接監視下短期化学療法(DOTS)だ。DOTSにより結核治療に成功した患者の再発率を調べる系統的レビューの結果、DOTSの長期的有効性に関する十分なデータがいまだにないこと、再発率が0〜14%と幅広いことが明らかになった。オーストラリアMelbourne大学のHelen S Cox氏らの報告で、詳細はBMJ誌電子版に2008年2月4日に掲載された。

ログインして全文を読む