高齢者にとって、転倒は、短期的、長期的に大きな問題を引き起こす可能性があるため、転倒および転倒による外傷を予防するための研究は、積極的に行われている。現時点では、まず多危険因子評価を行って、それに基づいて介入するという手法が最も効率よく転倒を減らすことができると見なされているが、果たして本当に有効なのだろうか。

ログインして全文を読む