初回急性尿閉で入院した45歳以上の患者の1年死亡率を調べたところ、高齢者ほど高く、85歳以上では37%に上ることが明らかになった。また、一般集団と比較すると若年群(45〜54歳)の死亡率が相対的に高いことが示された。英国王立外科大学のJames N Armitage氏らの報告で、詳細はBMJ誌電子版に2007年11月8日に掲載された。

ログインして全文を読む