英国ロンドンで2006年11月に発生したポロニウム-210によるAlexander Litvinenko氏の殺害事件(リトビエンコ毒殺事件)。この事件が起こったとき、社会はどのようにリスクを認識し、当局の対応についてどう感じたのだろうか。英国London大学King’s CollegeのG James Rubin氏らは、事件後の健康リスクに関する市民の認識の度合いを知り、人々の健康を守るために英国健康保護局(HPA)が用いたコミュニケーション戦略の効果を評価するための調査を実施した。

ログインして全文を読む