インフルエンザ菌b型(Hib)ワクチン(商品名アクトヒブ)や小児用肺炎球菌ワクチン(プレベナー)を含むワクチンを同時接種した後、死亡例が相次いだことについて、厚生労働省の専門家の会議は3月24日、ワクチン接種との直接の明確な因果関係は認められず、同時接種についても安全性の懸念は認められないとする評価結果をまとめた。

ログインして全文を読む