進行・再発の結腸・直腸癌患者を対象として行われ、TAS-102が主要評価項目である全生存期間(OS)を有意に延長することを示した国際共同フェーズ3試験RECOURSEの詳細が明らかとなった。6月25日から28日までスペインバルセロナで開催された第16回World Congress on Gastrointestinal Cancer(WCGC2014)で、国立がん研究センター東病院の吉野孝之氏によって発表された。

ログインして全文を読む